Original

「ウサギの島」広島県大久野島

みなさん、「ウサギの島」ってご存知ですか?広島県の「大久野島」と、いう小さな島には1,000頭を越す、野生のウサギが生息しており、近年 観光客が多く押し寄せているんです。

しかし、この島には「毒ガスの島」とも言う、もう一つの呼び方もあります。そんな大久野島について、少し詳しく皆さんにご紹介したいと思います。

 

「大久野島」への行き方・島の歴史

 広島県竹原市の沖合い3kmに位置する面積0.7kmの小さな無人島「大久野島」ほぼ全島が、環境省保有の国有地であり、一般財団法人休暇村協会が保有する観光地、および保養地「休暇村大久野島」である。

rabbit1

島へは忠海港からフェリーが出ており(片道¥310 約12分)、島内では一般車両の通行は不可となっています。 

rabbit2                  

1929年から1945年まで、この島では大日本帝国陸軍によって秘密裏に毒ガスが製造されていました。それ以前には数十人の住民が住んでいましたが、毒ガスの島となった時に全員、強制退去させられました。そして、この期間は、地図上からも、この島の存在は消されていました。国民休暇村となったのは1961年以降のことです。

rabbit3

 

ウサギとの触れ合い方・ルール

rabbit4

島内でウサギが大量に増えたきっかけは、国民休暇村になった際に島のマスコット的な存在として動物を入れようという話になり、サルやシカなど検討された中でウサギに決まったという。

そして1971年に地元の小学校で飼われていた8羽が放されて野生化し、繁殖したという説が最有力なんだそうです。                                                  

大量のウサギと触れ合えることで大人気な大久野島ですが「抱き上げたりする。」「犬や猫を連れ込む」などの行為は禁止されています。ルールを守って楽しみましょう。また、ウサギのエサは島内で販売されています。なるべく、島内で売られているエサをあげるようにしましょうね。

 

まとめ

 かわいいウサギで注目されている大久野島ですが、過去には「毒ガスの島」として、住民の退去や地図から消された歴史もあります。                

現在、瀬戸内海に囲まれ、かわいいウサギとも触れ合え、休暇村として宿泊施設・キャンプ場・海水浴場としても大変魅力的な島です。

rabbit7

この記事で興味を持っていただけたら、一度、訪れてみてはいかがでしょうか?



♡記事を毎日更新中!!気に入ったら''いいね👍''をClick♡



こちらもオススメ☟

 海外で恥ずかしかった「私が経験した間違いだらけの和製英語体験談」

 ポートレート撮影@江ノ島の巻

 せっかく行くなら正しくお参り!外国人のための浅草寺での参拝方法!

 今話題の農民カフェに行ってきた!

 日本の屋台は面白い!定番から最新の屋台まで大特集します!

 日本のコーヒーは間違いだらけ?海外でこんなに違うコーヒー文化

 

 

株式会社Extractor 編集部

株式会社Extractor 編集部

Extractor編集メンバーが不定期で更新します。 独特の目線で日本の魅力をExtract(抽出)してご紹介致します!

この内容で送信します。よろしいですか?