Original

新潟名物「ぽっぽ焼き」を食べよう

新潟に「ぽっぽ焼き」という名物のお菓子があります。食べると美味しいんですが、別に何の特徴もないお菓子です。でも、その素朴な味わいがなんとも言えなく良いんです!何故か思い出しては、また食べたくなってしまう、そんな「ぽっぽ焼き」。今日、あなたにご紹介してみたいと思います。 

「ぽっぽ焼き」とは?  

 ぽっぽ焼きとは、新潟県の下越地方で見られる細長い、パンのような形をしたお菓子のことです。有力な発祥元とされる新発田市を中心とした足掻き他地域では「蒸気パン」と呼ばれています。

新潟では1965年頃から「ぽっぽ焼き」と呼ばれ始め、1970年には「ぽっぽ焼き」が主流の呼び方となっていました。小さな子供がアツアツのぽっぽ焼きを買って食べるのが、この頃には定着していました。薄力粉に黒砂糖、炭酸、ミョウバンを加え、専用の焼き器で焼き上げます。

茶褐色で細長く、扁平な形をしています。温かい状態で販売され、もちもちとした食感と黒砂糖の素朴な味わいを楽しめる新潟県民のソウルフードなんです。焼き器から蒸気が出るため、蒸菓子とよく勘違いされますが、蒸気は焼き器全体を守るためのラヂエーターから発生するもので、蒸気で蒸し焼きにしているわけではありません。最近では、蒸気の発生しない焼き器もあります。

 

「ぽっぽ焼き」の名前の由来  

 「ぽっぽ焼き」の名前の由来は諸説あります。ここでは代表的な説をいくつか紹介してみます。      

  • 焼き器の蒸気口の先に笛をつけ「ポーポー」と客寄せの音を出していた。       
  • 蒸気の上がる様子が、蒸気機関車(ぽっぽ)に似ていることから。
  • 焼き上がりが「蒲の穂」に似ていることから「穂っぽい焼き」が訛って、「ぽっぽ焼き」へと変化した。      

などなど、色んな説がありますが、はっきりした事はわかっていません。

まとめ

 素朴でシンプルな田舎の味「ぽっぽ焼き」。チャンスがあったら皆さん、是非味わってみてくださいね。



♡記事を毎日更新中!!気に入ったら''いいね👍''をClick♡



こちらもオススメ☟

 「たくあん漬け」について語る

 海外で意外と知られていない!日本発祥のものをご紹介します!

 50年以上の歴史を誇るガチャガチャがまだまだブームな件

 5月最後の撮影&質問にお答え!

 日本独自の「惣菜パン」が楽しくて美味しい!おすすめもご紹介!

株式会社Extractor 編集部

株式会社Extractor 編集部

Extractor編集メンバーが不定期で更新します。 独特の目線で日本の魅力をExtract(抽出)してご紹介致します!

この内容で送信します。よろしいですか?