Original

室町時代から続いている?スタンプラリーで移動も楽しくなる!

筆者が子供の頃にハマっていたものとして「スタンプラリー」があります。

現在では大人も子供も楽しめ、種類も様々なものが出て来ていますが、

なんとその歴史を遡ると、室町時代から始まっていることがわかりました。

今回は、意外にも日本の伝統文化だったことがわかったスタンプラリーについて語りたいと思います! 

スタンプラリーの始まりはお遍路だった

 室町時代から始まったといってももちろん皆さんご存知の通り、その頃は電車もありませんし、今のスタンプラリーとはだいぶん違います。

 お遍路って皆さんご存知ですか?

四国88カ所霊場巡拝などが有名ですが、お寺を巡礼していき、それぞれ回るとお寺側から納経印を発行してもらいます。それを1つの手帳にまとめていたそうで、これがスタンプラリーの原点と言われています。

stamp1 

出典:http://jeezblog.blog.fc2.com/blog-entry-1017.html

明治時代に鉄道が出来、消印マニアが現れる  

 そして明治時代に鉄道が出来、単純にその駅にきたとされる消印が作られたことをきっかけに消印マニアが現れ、様々な駅の消印を集める消印収集家が現れたそうです。なんとこの頃にシャチハタの前身となるようなものも作られています。 

大阪万博にて現在のスタンプラリーの原型が出来る  

 そして、1970年に大阪万博が開催され、その時に各パビリオンを回った証として専用のスタンプ帳を発行したのが、現在のスタンプラリーの原型になったと言われています。

そこから、鉄道会社とアニメキャラクターや大企業が組んで行う大規模スタンプラリーや、観光地内で楽しむ小規模スタンプラリーなど、様々なスタンプラリーが出現し、大人から子供まで楽しめるようになっているわけですね。

私が子供の頃のスタンプラリーはシンプル  

 私が子供の頃にあったスタンプラリーは、至ってシンプルです。

出典:http://www.geocities.jp/hokarida/02_tsurumi_line/ts04-014.html

 

こんな感じで、各ポイントにスタンプが置いてありまして、

出典:http://www.geocities.jp/hokarida/02_tsurumi_line/ts04-014.html

 このようにシンプルな台帳に押していくというものでした。

全て集めても景品がもらえないものもありました。要するに台帳にスタンプを押し切ったことが一番の景品だったんですね。

私も家を探したら多分まだ昔のスタンプ台帳残ってると思います。 

最新のスタンプラリーは凄すぎます  

 それに比べて、最近のスタンプラリーは凄いんです。

私の大好きなドラゴンボールとコンビニが組んでいたスタンプラリーを見つけました。

 

出典:http://inam-walk.blogspot.jp/2013/04/blog-post_7.html

 スタンプ帳もスタンプも凝っているだけでなく、集めるとしっかり景品までもらえるみたいです。

今年上旬にも鉄道会社とドラゴンボールが組んだスタンプラリーもあったそうで、それはなんと1ヶ月ちょっとの期間で65駅を回るという、制覇するのにも超ハードルが高いスタンプラリーがありました。達成時の景品ももちろん豪華なのですが、さらにそれを最速でクリアしたいツワモノ達が1日で制覇するというのだから、それこそ原点であった「お遍路」に近い修行になっていますね(笑)

外国人に教えてあげると喜びます!  

 実は3年ほど日本に住んでいる外国人友達にこのスタンプラリーの存在を話したら「何それ?」と言われました。毎日都内の電車で通っているのに。

というわけで詳しく教えてあげたら、早速やってみる!とものすごくテンションが上がっていました。海外にはほとんどスタンプラリーの文化はありませんからね。

私も20年以上ぶりに今年はチャレンジしてみようかと模索しております。



♡記事を毎日更新中!!気に入ったら''いいね👍''をClick♡



☟こちらもオススメ☟

 プロ野球のビール売りが可愛いと外国人が大絶賛!メジャーはいない?

 週刊漫画誌は漫画大国日本の特有文化だった!その歴史と仕組みに迫る

 せっかく行くなら正しくお参り!外国人のための浅草寺での参拝方法!

 観光が楽しい!面白くて美味しい駅弁文化は日本特有のものだった!

 ♡SHIORI♡の近況報告

 

株式会社Extractor 編集部

株式会社Extractor 編集部

Extractor編集メンバーが不定期で更新します。 独特の目線で日本の魅力をExtract(抽出)してご紹介致します!

この内容で送信します。よろしいですか?