Original

ワインにお魚 日本海の夕日を巡る 新潟「シーサイドライン」を紹介

新潟県内は海あり山あり美食あり!見所満載観光名所ですが、今回は「日本海シーサイドライン」をお勧めします。新潟市から寺泊までの日本海に沿った道路ですが見どころ 食べどころ満載のお勧めルート、ドライブに最適です!

 

海あり山ありワインにお魚!魅力ぎっしり「新潟シーサイドライン」

photo1

 

皆さん、新潟県のイメージってどんな感じでしょう?「お米とお酒」「雪が多い」と、まあそんな感じでしょうか?

 

wine2

wine3

日本地図で位置と大きさ、地形を確認してください。日本海に面し山あり海あり平野あり基本的に自然豊かな土地ですが新潟市は日本海側唯一の政令指定都市の結構な都会です。今日は新潟市を出発して寺泊までの約50km、日本海を沿って走る国道402号線、別名「日本海シーサイドライン」をご紹介します。車で1時間のコースですが道中魅力満載の素敵なドライブコースですよ!

wine4

 

 

シーサイドラインのコースと魅力 ワイナリー 弥彦展望台 寺泊鮮魚市場

 

新潟市を出発し国道402号線を南下し、スタートします。しばらくすると見えてくるのが日本海側有数のワイナリー「カーブドッチ・ワイナリー」の看板です。

wine5

広大なぶどう畑の中、自家製ワインはもちろん、じもと素材を使った欧風料理を提供するガーデンレストラン、ジャージー乳を使ったジェラート工房、石釜パン工房・温浴・宿泊施設もあるんです!もちろんワインの製造過程も見学可能なんです! 

 

wine11

wine12

   

さらに南下すると「越後七浦」の雄大な風景が見えてきます。

wine6

寺泊までの約14km日本海と点在する奇岩の数々は日常を忘れさせ、あなたを圧倒する荘厳な景色です。旅行気分が一気に高まるはずですよ。                    

越後七浦を抜けると今回の目的地「寺泊 魚の市場通り」通称「さかなのアメ横」に到着します。

wine7

地元寺泊港や出雲崎港に揚がる新鮮な魚介類を扱う鮮魚店が数多く並び県外からのお客も数多く訪れます。勿論宅配OK、多くの鮮魚店の2Fが飲食店になっており、または浜焼きの焼き魚などその場でグルメも満喫できますよ!

 

 

道中寄り道 「弥彦山スカイライン」、メインは「日本海の夕日」

 

wine8
 

道中 もう一箇所寄り道したい人には「弥彦山スカイライン」をおすすめします。

wine9

道中県道561号線に入れば弥彦山(634m)の頂上展望台に続く全長約13kmの道が続きます。頂上には展望台、ロープウェイ、レストラン、売店などがあり、東京スカイツリーと同じ高さの展望台から見下ろす越後平野と日本海は一見の価値ありですよ!                             

最後にご紹介したいのはこのシーサイドラインは別名「日本海夕日ライン」とも呼ばれます。時間と天候しだいですが日本海に沈む真っ赤な夕日こそがこの旅の主役になりうる荘厳な風景です。

wine10

私は地元新潟県民ですが 地元では定番のルートですが 他県の方には知られていないと感じ、紹介してみました。

紹介してみて今まで外れの無い自慢のルートです!

新潟にドライブの際には是非思い出してくださいね!              


☟こちらの記事も読まれています☟

何でも自動化する日本!こんなものまで自動販売されている事例を紹介! 

日本の漫画喫茶・ネットカフェは天国だった?!

今日は何を食べようかな?今流行りのジャパニーズファストフードをご紹介!!

歌うだけじゃない!?多機能な日本のカラオケを存分に楽しむ方法とは
 

株式会社Extractor 編集部

株式会社Extractor 編集部

Extractor編集メンバーが不定期で更新します。 独特の目線で日本の魅力をExtract(抽出)してご紹介致します!

この内容で送信します。よろしいですか?